鳩がもたらす健康被害は、鳩駆除で予防しましょう

コウモリも鳩も、襲わないけど危険です

鳩は様々な健康被害をもたらす~感染する前に鳩駆除を行なう~

ハトの影

鳩は平和のシンボルと言われていますが、家に住み着かれると平和どころか非常に危険なことになりかねません。鳩による健康被害を具体的に見ていきましょう。

健康被害の具体例

クリプトコッカス症
鳩の糞が原因で繁殖する細菌の一種です。乾燥して粉末状になった糞が口の中から肺に入ると発症する可能性が高く、頭痛や発熱から記憶障害まで様々な症状が発症します。抵抗力の強い大人だと発症のリスクは殆どありませんが、免疫力が弱まっている人や赤ん坊や老人のように抵抗力が弱まっていると発症のリスクは高まります。
トキソプラズマ症
鳥の糞に生息する寄生虫トキソプラズマによって感染する病気です。この症状は妊娠中の女性は特に注意が必要な病気であり、胎児に感染した場合流産を起こしてしまう可能性があります。クリプトコッカス症と同じく抵抗力のある人の場合症状の発症リスクは少ないですが発症すると体の臓器の各所に悪影響が出る場合があります。
鳥インフルエンザ
鳥インフルエンザは人間に健康被害が及ぶリスクは極めて少ないですが、人に感染し、死亡した例が過去にいくつか報告されています。感染した場合は従来のインフルエンザと同じような症状が発生します。鳥インフルエンザはむしろ飼育している鳥に注意が必要であり、複数飼育している場合、一匹感染しただけで全滅の可能性もあります。

勝手に駆除すると罰せられる~業者は許可を得て駆除している~

コウモリ駆除や鳩駆除を自分で行なうのが難しい理由は健康被害があるからだけではありません。実は鳩もコウモリも勝手に捕獲や殺処分を行なうと罪に問われるからです。

勝手に行なえない理由

鳩もコウモリも、無断で殺処分や捕獲を行なった場合には鳥獣法に抵触してしまい、罰されてしまいます。鳥獣法は一部の生き物以外が対象の法律であり、許可もなしに傷つけることは犯罪に当たるのです。そのため、鳩駆除業者もコウモリ駆除業者も駆除の方法は捕獲や殺傷ではなく、巣から追い出して追い払うといった手段で駆除を行なうのです。